権利収入を得るのは『義務』である!

過去のわたしたちは、『権利収入』を得れたらいいなぁという希望でした。

しかし今現在は、今後『権利収入』を得ることは必須だと思っております。

その考え方には、理由があって

先進国のビジネスオーナーや投資家達の間では、ネットやシステムを利用して労働仕事を減らしていこうという共通認識があるのです。

具体的に言いますと、

トヨタやテスラが自動操縦の車を開発しているのはご存知かと思いますが、アメリカでは既に自動操縦の車が公道を走っています。日本でも近い将来そうなった時、ドライバー関係のお仕事をされている人はどうなるでしょうか?

また、アマゾンでは工場の荷物の仕分けは、『キバ』というロボットがおこない、ドローンが空輸便をおこなっております。更にはGPSを利用した無人のコンビニまでデータ実験の段階まできております。

このような自動化の動きは、運転や仕分け、レジ打ち等の作業要素の強い単純労働だけではなく、高度な技術が必要とされる医療の分野にさえ医療ロボットの導入により、医者の仕事が減る方向に向かっています。

※関連資料→『オックスフォード大学が認定!あと10年で消える職業

これは全くの余談ですが、上の関連資料の中の消える職業の中で「スポーツの審判員」が入っておりましたが、理由もわかりますがこれだけは無くして欲しくないですね。審判のミスジャッジはスポーツには付き物ですから!それがあとで劇的なドラマを生むこともありますし、空気を読んだ判定などは機械では絶対にできませんから!!

更に忘れてはいけないのは、今後先進国では外国人労働者の参入は避けられませんので、労働仕事の奪い合いが生じていきます。

こうなることを想定すると、もはや『権利収入』得ることは必須というよりも、義務だとさえわたしたちは、感じております。

では、どうやって『権利収入』を得るのか?

今から小説書いたり、作曲したりなんて類稀な才能を必要とするものは誰にでもできることではありません。
また、マンションやお店のオーナーになるのも、莫大な資本金がなくてはできません。

しかし、世の中には様々なビジネスがあります。既存のビジネスでも何かを掛け合わせシステム化することで、『権利収入』を得ることが可能なのです。

もちろん、誰にでも簡単に何の努力もせずにとは言いませんが、限りなくハードルを下げて比較的誰にでもできるビジネス案件をアナタにも提供できればと思っております。

友だち追加

↑どんなビジネスが権利収入を得るためにはベストなのかを早く知りたい方は、

こちらより【夫婦で取り組む副業のススメ】公式ライン@へ友だち追加していただければ、ご案内させていただきます。

その際は、どんな内容の問い合わせか教えてください。

【夫婦で取り組む副業のススメ】公式ライン@=【@tbr5260m】 ※@をお忘れなく。