最適なクレジットカードを1枚選ぶのは無理!

世界の中でも、超現金主義だと言われていた日本でさえ、今や殆どの人がクレジットカードを所有しています。

では、どんなカードを選べばいいのか??

カードの種類(ブランド)

クレジットカードの種類には何があるんだろう?
色々あってわからない。どれにしたらいいんだろう?と悩んでしまいますよね!?

考え方としては、まず店舗で使えるクレジットカードの国際ブランド種類から覚えると簡単かもしれません。

ブランド加盟店としては、次の国際ブランドがあります。

  1. VISA
  2. マスターカード(MasterCard)
  3. JCB
  4. アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  5. ダイナース

最近では、良く聞くブランドばかりですね!

カード発行会社を4つに分類

①  銀行系

銀行や地方銀行・信用金庫など銀行業務を行っている企業が発行しているカードです。

キャッシュカードと一体型のものも多く、その場合は、引き落としの場合ATM利用手数料が優遇される場合もあります。

②  流通系

スーパーや百貨店・コンビニなどを運営している会社が発行しているカードです。

年会費が無料だったり割引特典やポイント還元率が高かったりするのが特徴です。

③  鉄道・航空系

鉄道会社、航空会社が発行しているカードとなります。Suicaを利用してもマイルを貯めることができたりと、通勤で電車を利用する人や移動の多いサラリーマンは、上手くマイルが貯まるものを選ぶと良いかと思います。

④  その他

携帯電話会社、消費者金融会社、ガソリンスタンド、家電量販店、インターネットでの買い物でのポイントサービスが充実した会社が発行するカードもあります。

総評

ブランド加盟店とカード会社をたしたらクレジットカードになります!

わかりやすく例を挙げると楽天カードは、「国際ブランド:JCB、カード会社:楽天カード」となります。

クレジットカードの種類としての基本的な考え方は、このようになります。

ちなみに、原則としてVISAのカードは、VISAの加盟店でしか使えませんので自分が良く行くお店は、どこのブランド加盟店なのか・・・。

調べてから契約をすると、えぇ~!使えないじゃん!!!と言うことにはならなくなると思います。

しかしながら、現在年々カード発行会社も増えております。それぞれの会社のメリットを最大限に活かした魅力的なカードがどんどんでてきます。

こうなると、ベストな1枚を選ぶのは無理なのではないかな?と思ってしまいます!

海外旅行へ行くときはこのカードを使い、ネットショッピングをする時は、このカードを使う!などと複数枚所持して使い分けるというのが一番良いのではないでしょうか?

また、使ってみて必要のないカードは解約して、できるだけ枚数は減らした方が管理面では良いと思います。

それでも、カードはクレジットカードだけではありませんよね!?各種店舗のポイントカード、ホテルのキーカード、社員証等々、カードだらけで整理が付きませんよね!?

そんな、悩みを解決する『魔法のカード』については、

知っておくべき『魔法のカード』は世界に革命を起こす!

↑ こちらの記事をお読みください。

お読みいただき、ありがとうございました!