MLMのイメージが悪い3つの理由!

今回は、MLMのイメージが悪い理由を3つあげてみたいと思います。

1. ねずみ講、悪徳マルチ商法と混同される。

これはわたしの体験談からですが、どうしても報酬システムを理解してもらう為に、下の図のようなものを用います。

すると、「でた!ねずみ講だ!」

と言われてしまい、変なビジネスに誘われたぞー、と地元で悪評をたてられてしまう。

※ねずみ講、悪徳マルチ商法との明確な違いについては、別記事『MLMがねずみ講じゃない理由を言えますか?』でご確認ください。

2. 勧誘方法に問題がある。

基本的に、MLMというのは自分が会員となり、新たな会員を口コミで紹介しなければなりません。

  • まず、合同セミナーに行き色々と学びます。
  • 多少の理解が出来たら、顧客リストを書かされます。そこには身近な友人、親戚、会社関係、趣味関係、知人レベルと色々な区別つけられリストアップをさせられます。
  • リストアップが終わると、順番にアポ取りをします。(ここでは、MLMの会社の詳細は教えないようにします。)
  • そして、アポ取りに成功した友人をアップと呼ばれる先輩会員に会わせます。(これは詳細を説明してもらう為です。人は第3者からの方が話が入ってきやすいからという理由で。)
  • もしくは、セミナーへ連れていきます。そして、その後はアップの方の説明を聞かせます。

これで連れて行った友人が同意し契約すればいいですが、あまり理解せずに友人が帰ってしまうと、結局

「なんかこの前あいつに変なビジネスのセミナーに連れて行かされたわ!お前らも気を付けろよ!」などと言われてしまいます。

また、このような誤解ならまだしも、中にはサクラばかりが参加しているセミナーに連れていかれて(なぜサクラばかりかと言うと、嘘!?と思えるくらいに大袈裟な相槌を打つ人が多過ぎる。)

その後で、大勢の会員に囲まれて強引に契約を迫ったり、嘘や大袈裟な内容で契約を迫ったりする人間が必ず一定数いるというのが現状だからです。

これに関して少しフォローをさせていただくと、あくまで悪いのは強引な手法で勧誘する人間そのものであって、決してMLMの仕組みが悪いわけでも、その会社が悪いわけでもありません。

しかし、現状そのような人間がいる以上、悪いイメージがついてしまっているのは事実です。

3.成功した人がいない(少ない)

MLMの仕組み自体も、会社自体も良く理解していても、MLMでは成功できないと思っている人も多数いると思います。その人達は、MLMは悪い!とは言わないでしょうが、MLMは凄く良い!とも言わないでしょうね。

わたしもその一人でして、やはり大切な友人をセミナーに連れて行って、誤解されたらどうしよう?
とか、その友人が契約したとしても、自分と同じように契約が取れるかどうかの余計な心配をしてしまったりと・・・。

正直、自己啓発的なセミナーへの参加も苦手でした。

ひとりひとり前に出て、その月の目標とか夢とかを大声で叫ばされたり・・・。
※これに関しては、会社とかでもあるかもしれませんけどね^^;

人それぞれですが、口コミには限界があります。そりゃ、小学一年生になったら友達100人できるかな?ってCMが昔ありましたが、大人になったって友達100人もいませんもんね。

以上のような理由から、MLMは良くないイメージになっているのです。

では、MLMは絶対ダメなのか?

答えは、ノーです。

そして、MLMは悪くないと思うけど、自分にはできなかったから!と思っている人も沢山いるのです。

もし、友人を誘わなくても良いのなら?

もし、セミナーに行かなくても良いのなら?

もし、電話でアポ取りをしなくても良いのなら?

もし、誰にも会わずに紹介者がだせたら?

もし、友人に知らないアップの方と会わせたりしなくても良いのなら?

これなら、できるかな?と思いませんか?

そんな夢のようなシステムがあるのです。

また、それは別の記事で紹介したいと思います。

友だち追加

↑MLMにあるシステムを加えると簡単になる方法を早く知りたい方は、

こちらより【夫婦で取り組む副業のススメ】公式ライン@へ友だち追加していただければ、ご案内させていただきます。

その際は、どんな内容の問い合わせか教えてください。

【夫婦で取り組む副業のススメ】公式ライン@=【@tbr5260m】 ※@をお忘れなく。