1日中頑張るアナタの目に『えんきん』!!

毎日、スマホやパソコンを何時間も使用していると、気づかないうちに目を酷使してしまい、目の疲れがひどい状態のになってしまいます。

夕方になると目がかすんでしまい、目の疲れが原因で肩が凝ったり、ひどいときには頭痛と吐き気がでます。

さらに、本を読むときに手元の小さな文字が見えづらくなり、老眼になってしまったのかと思ってしまいます。

調べてみたところ、最近ではスマホの長時間操作が原因で、30代~40代前半で老眼になることも珍しくないようです。

目の疲れからくる肩こりを和らげたい、

老眼の進行を遅らせたいと思い、

視力回復トレーニングやサプリメントを飲み続けましたが、

なかなか「これは効くな~」と効果を感じるものはありませんでした。

その中で私が1番効果を実感できたサプリがファンケルのえんきんなのです。

ファンケルのえんきんを継続して飲んでいると、えんきんを飲む前に比べてピントの調整力が格段に上がり、スマホの小さい文字も見えやすくなり、視界がクリアになりました。

えんきんを飲み忘れてしまったとき、夕方ごろに目の渇きを感じショボショボするようになったので、

やはり継続的にえんきんを飲み続けると一定以上の効果はでるのだと実感しました。

1日2粒、水と一緒にえんきんを飲み続けて効果を実感してみてください。

もしアナタが老眼というほどではないにしろ、スマホやパソコンの長時間利用による目疲れを感じているなら、えんきんではなく、スマホえんきんがオススメです。スマホえんきんは、20代~30代を対象にした目の疲労緩和サプリです。

スマホえんきんはスマホによる目の疲労、ピント調節力の衰えを解消するサプリで、若年層に多いスマホ老眼の対策サプリです。

スマホえんきんに関しても、えんきん同様、低価格で販売されているので、目疲れで悩んでいるひとは一度試してみてください。

えんきんの成分

特徴や効果のほどは分かったが、肝心の成分は?

やはり口に入れるものなので、確認をしておきたいところですよね!?

ルテイン

ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれる色素成分。視力の低下を防ぐ。

シアニジン-3-グルコシド(C3G)

黒大豆の種皮に含まれている成分。近視や老眼、視力回復に効果を発揮する。

アスタキサンチン

エビやカニに多く含まれ、ビタミンC約6,000倍の抗酸化作用をもつ。眼精疲労を和らげる。

DHA

イワシやサバなどの青魚に多く含まれている成分。網膜に効果的に影響し、視力回復をサポートする。

えんきんは体内での活用効率を考えて設計されたサプリで、上記4つの成分が多角的に目のサポートをすることにより、手元のピント調整力を改善させ、目や首の疲れを和らげる効果があります。

購入方法は?

数回飲んだだけでは、効果を感じない場合が多いです。

継続して飲んで効果を実感するためには、定期コースをお勧めします。

初回に限り、90日分通常価格、5,832円が

半額の、2,886円になります!

しかし、WEB限定数量限定となりますので、試してみたい人は早めにどうでしょうか?

公式購入ページは以下のバナーよりどうぞ!

⇩ ⇩ ⇩