フィンジアが育毛の救世主と呼ばれる理由は成分にあった!

2015年の発売当時、爆発的な人気で商品が品切れする店が続出したという、伝説的なエピソードを持つ育毛剤がフィンジアです。

ただ、フィンジアはそれだけの人気を集めるのにも納得できる程、優れた育毛剤です。

以下より、フィンジアの優れた育毛効果についてご紹介します。

フィンジアに配合されている成分とは?

フィンジアに配合されている成分をチェックすると、なぜ売り切れが続出するほど人気を集めたのかがよく分かります。

他の育毛剤では1つでも目玉になるような成分が、いくつも組み合わせて配合されています

ここからはピディオキシジルの人気を支える育毛成分について紹介していきます。

ピディオキシジル

フィンジアの代名詞と言えばピディオキシジルです。

このピディオキシジルを配合しているというのが、フィンジアが人気を集める最大の理由と言っても良いかもしれません。

ところで、市販の育毛剤で最も育毛効果が期待できると言われているのがリアップになります。

国もその育毛効果を認めていて、法律の分類上、他の育毛剤が医薬部外品もしくは化粧品という扱いになっているのに対して、リアップは医薬品という一つ上のカテゴリーに分類されています。

リアップに医薬品認定されるほど育毛効果がある理由は、ミノキシジルを配合しているためです。

ミノキシジルには毛乳頭細胞に働きかけて成長因子を分泌させる力が備わっています。

ミノキシジルはAGA治療を行うクリニックでも利用されており、その育毛効果には確かなものがあります。

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」でも、ミノキシジルを用いた治療は

推奨度Aという高い評価を得ています。

一方で、ミノキシジルには副作用の事例もたくさん報告されています。

例えば、厚生労働省の調査ではリアップを使用した人のうち、約8.82%の人に副作用が現れたと報告されています。

また、一部では実験に用いた犬の心臓が破裂したといった事故の噂もささやかれています。

このようにリアップにはその副作用への懸念が常に付きまといます。

ただ、ミノキシジルの育毛効果には確かなものがあるため、本気で育毛を目指す人は、副作用に見舞われる不安を抱えながらも、これまではリアップを購入していました。

しかし、長い間頭痛の種だったミノキシジルの副作用の問題に解決の可能性が出てきました。

その可能性をもたらしたのが、ピディオキシジルという成分。

このピディオキシジル、ミノキシジルをベースとして開発されたミノキシジル誘導体というものになります。したがって

、ミノキシジルと同等の育毛効果が期待できます。

ただ、ミノキシジルと大きく違うのは、

副作用の心配が無いという点です。

この副作用の無いミノキシジルと言ってもよい

ピディオキシジルを配合しているのがフィンジアの最大の魅力です。

キャピキシル

フィンジアに配合されている成分の中で、ピディオキシジルと並んで注目したいのがキャピキシル

キャピキシルも比較的最近登場した育毛成分で、その育毛効果には注目が集まっています。

このキャピキシル、もう一つの目玉成分であるピディオキシジルとは正反対の働きを持ちます。

ピディオキシジルが毛母細胞を活性化させて髪の毛の生成を促すのに対し、キャピキシルは抜け毛を防ぐことに重きを置いて開発された成分です。

キャピキシルはアセチルテトラペプチド-3アカツメクサ花エキス

という2つの成分を組み合わせて作られています。

中でも注目したいのがアセチルテトラペプチド-3。このアセチルテトラペプチド-3には髪の毛の根元の毛包部分において細胞分裂を促進する働きがあります。

毛包というのは髪の毛の土台となる部分です。毛包を支える細胞が増殖することにより、髪の毛がちょっとやそっとの刺激では抜けないようになります。

髪の毛を増やす攻めのピディオキシジルと抜け毛を防ぐ守りのアセチルテトラペプチド-3。

この2つを組み合わせて配合しているのがキャピキシルです

相乗効果で高い育毛効果が期待できるのは間違いありません。

カプサイシン

フィンジアに配合されている育毛成分の中で、最後に紹介したいのがカプサイシンです。

カプサイシンも最近の研究でその育毛効果に注目されるようになった成分です。

特に育毛の世界で有名なのが「イソカプ理論」、大豆のイソフラボンとカプサイシンを組みあわせることによって、IGF-1という成長因子の分泌を促進できるというものです。

ちなみに、髪の毛にはヘアサイクルという一連のサイクルがあります。

ヘアサイクルには

  1. 髪の毛が成長する「成長期」
  2. 髪の毛の成長が緩やかになる「退行期」
  3. 髪の毛の成長が止まる「休止期」

という3つの時期があります。

IGF-1という成長因子には毛母細胞の働きを活性化して

髪の毛の成長期を延ばす力があります。

これにより、髪の毛をより太く長く成長させられるのがIGF-1の魅力です。

ただ、フィンジアではカプサイシンのIGF-1の分泌を促す効果よりも、毛穴を開いて発汗を促す効果に注目しています。

毛穴が開くことによって、毛穴からフィンジアの育毛成分が浸透しやすくなります。

育毛成分が体の中心まで浸透することによって、育毛効果がより高まります。

このカプサイシンで毛穴を広げることにより、育毛成分が浸透しやすくなるという考え方のことを、フィンジアでは「ゲートアクセス理論」と呼んでいます。

このゲートアクセス理論の考え方を導入して、浸透力を高めているという点にも、フィンジアの大きな特徴があります。

フィンジアの料金と返金保証について

フィンジアを公式サイトから単品購入する場合、その価格は12,800円となります。

ただ、定期コースで申し込んだ場合、割引が適用されるため、

9,980円でフィンジアを購入することができます。

ちなみに、全額返金保証制度も設けられており、30日以内であれば購入代金を返金してもらうことができます。

フィンジアに副作用はあるのか?

フィンジアには、副作用が報告されているような成分は配合されていません。

したがって、フィンジアは安心して使うことができる育毛剤であると断言できます。

まとめ

フィンジアは成分表に今注目の育毛成分が顔を揃えているような育毛剤です。

その中でも特に注目したい成分が下記の3つの成分です。

  • ピディオキシジル
  • キャピキシル
  • カプサイシン

ピディオキシジルで髪を生やして、キャピキシルで抜け毛を防ぎ、カプサイシンの力で毛穴を広げて育毛成分を体の奥深くまで浸透させる、これがフィンジアの働きです。

価格は12,800円と決して安くはないものの、定期コースを利用することで1万円を切る値段で購入することもできます。

優れた育毛効果を備えており、なおかつ副作用は無いというまさに理想的な育毛剤がフィンジアです。

育毛剤選びで迷っているあなたにはイチオシの商品ですね♪

公式購入ページは以下のバナーよりご覧ください!

⇩ ⇩ ⇩